「光の道」に稲妻光る。
雷

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年、最初の投稿は昨年の夏に撮影した雷の写真からです。

別件で大分へと撮影に訪れていたこの日。
夜から激しい雷雨となったので撮影を切り上げて帰宅する予定でしたが、ふと以前から撮影してみたかった雷の撮影をしてみようと思い立ち、宮地嶽神社の境内から見える「光の道」の宮地浜へ。

時刻は未明の4時過ぎ。
叩きつけるような雨の中、鳥居の前で待機していた私の目の前に一発の落雷が・・・。

凄い音でした。
もちろん、身の危険を感じたので車のダッシュボードにカメラを置き、フロントガラス越しに車の中から撮影していたのですが、このときの衝撃は今でも忘れることができません。
そして撮れたのが冒頭の写真です。
このときばかりは「光の道」ならぬ「雷の道」となりました。

雷の撮影は一見すると難しそうに見えるのですが、花火と同じように落ちている方角を狙ってバルブで長時間露光すれば撮れるので、また機会があれば十分に気をつけながら撮影してみたいと思います。

福津市、宮地浜にて。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

新着記事をお届けします

Twitterで光の情景をフォローしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote