ヤフオクドーム × 千輪 × 10号玉
花火

26日は百道浜で開催された『シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA』へ。
花火

ヤフオクドームや福岡タワーのある百道浜エリアで17年ぶりに花火が上がる!ということで今夏特に楽しみにしていたこの大会。
花火

似たようなロケーションでは毎年お盆の時期に開催される『精霊流し花火大会』がありますが、あちらは今回の打ち上げ場所から少し離れた愛宕浜の突堤からなので、ヤフオクドームや福岡タワーと絡めて撮るには場所選びに少々難儀していた訳ですが、
花火

今回は正真正銘の百道浜から!ということで、どこからでも花火と一緒に写すことができる、まさに”どこを切っても金太郎飴”状態w
花火

なので、逆に撮影候補地がたくさんあり過ぎて、どの場所から狙おうかと直前までかなり迷いました。
花火

花火

悩んだ末、対岸を選んでみたのですが、現地に着いてみて予想よりも台船がドーム寄りに来ていることが発覚し、思わぬ誤算でした。
花火

もちろん、台船に合わせて修正を試みたのですが、その先は海だったため、動こうにも動けず・・・。
花火

結局妥協してその場所で撮った訳ですが、やはりドーム寄りに上がっちゃいました。
花火

花火

自分の希望としては台船がドームやタワーの真下に来ると仕掛け花火と被ってしまい、炎上したように見えるので、それだけは何としても避けたかったのですが、
花火

ご覧の有様。
タワーが炎上してます。
花火

花火

しかし、帰宅して録画していたテレビ放送を見てベストな位置はあの場所からだったのか!と判明した次第。
花火

後悔先に立たずですが、目と鼻の先に居たので悔やみに悔やみました・・・。
花火

なので、今回は福岡タワーはあまり写っておりませんw
花火

花火

大会後半には全国各地からの芸術玉(10号玉)が披露され、「ここホントに百道なの?」というくらいに豪華でした。
花火

花火

花火

しかしながら序盤はいい感じだった風が次第に弱くなり、終盤は煙が停滞してケムケムに。
花火

仕掛けのトラもかなり凄かったんですが、視界不良で花火写真としては残念な結果となりました。
花火

花火

今回の一番見応えは千輪の乱れ打ちでした。
彩色から和火段咲きの素敵な打ち上げで圧倒!
(7D2で撮影)
花火

まさかドームの上に千輪が舞う日が来ようとは・・・。
長年、精霊流しの花火を何とかしてドームと絡めたいと苦労しながら撮影してきた身としては感無量の瞬間でした。
撮影は黒うちわで遮光して後にあがった10号玉を一緒に入れ込んでます。
(5D4で撮影)
花火

17年ぶりに開催された百道の花火大会。
17年前の2000年は花火の撮影はおろか、花火自体に興味がなかったので当時のウワサ話を都市伝説的に聞いておりましたが、やはりこのヤフオクドームと福岡タワーというシンボルが存在するロケーションは「これぞ、福岡!」という感じが出て風景写真としても絵になります。

今回は煙が少々残念でしたが、盛大な打ち上げで見応え十分、素晴らしい大会でした。
来年またあるのかどうかは定かではありませんが、是非とも来年も開催していただきたい、そしてもう一度リベンジしたいですね!

早良区百道浜にて。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterで光の情景をフォローしよう!