昨日15日は急遽仕事が休みになったので、予定していた熊本空港(阿蘇くまもと空港)へ。

この日は雲が多かったものの天気は晴れ。
夕陽と旅客機

陽が沈みかけたころにナイス!なタイミングで着陸するヒコーキが来てくれましたが、僅かに絡まず・・・。
夕陽と旅客機

厚い雲からじわりじわりと夕陽が顔を出していますが、やはりこの雲はジャマでした(笑)
夕陽と旅客機

Landing!
撮影は2倍のテレコンも持っていましたが、1000mmだと絞りがF13からになるので、今回は付けずにトリミングで対応です。
夕陽と旅客機

できればこの着陸したころぐらいにヒコーキの背後に夕陽が来てほしいのですが、今回は左寄り。まだまだ自分のポジションに修正が必要です。
夕陽と旅客機

曲がってターミナルの方へ向かいます。
夕陽と旅客機

真横。この機種は何というのでしょう?飛行機は詳しくないので解りません。詳しい方お願いします(笑)
夕陽と旅客機

この後離陸するヒコーキもありましたが、肝心の夕陽がご覧の有り様。雲さえなければ・・・。
夕陽と旅客機

頭上を爆音で通り過ぎていきました。いってらっしゃ〜い!
夕陽と旅客機

実はこれ以前に連休初日の11日もアタックしていたため、撮影は今回で三度目。
11日は雲に阻まれ夕陽も全く見えずの状態でしたので、そのときに比べたらかなり良い方だったと思います。
しかも今回は夕陽が沈むときにヒコーキが来てくれたので、初回のときのような夕陽だけの写真にならずに済みました。

あとは肝心の空模様なのですが、事前に予報やライブカメラなどで確認して訪れているものの、こればっかりは実際に現地へ行ってみないとどう転ぶか解りません。
まぁ それが撮影の面白いところでもあるのですが、このヒコーキと夕陽の撮影は花火のように打ち上げ場所(夕陽が沈む場所)が決まっている訳でもなく、夕陽が沈む ほんの僅かな時間にヒコーキが来るとも限らない、ましてや夕陽が見えるかどうかも解らない、これはある意味花火撮影より難しいかも知れませんね。

自分の場合はヒコーキの知識もなく、ほぼ運頼りで行っていますが、まだまだ満足いく写真は撮れてないので、しばらくはこの呪縛から逃れられそうもありません。
滑走路に夕陽が沈むシーズンは1月いっぱいまでらしいのですが、また機会があれば再訪します!

熊本県上益城郡益城町にて。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

新着記事をお届けします

Twitterで光の情景をフォローしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote