だるま夕陽
APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM + APO TELE CONVERTER 2x EX DG

だるま夕陽
APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM + APO TELE CONVERTER 2x EX DG

だるま夕陽
APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM + APO TELE CONVERTER 2x EX DG

だるまと言うより、ホタテ貝のようにも見えます・・・。
だるま夕陽
APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM + APO TELE CONVERTER 2x EX DG

だるま夕陽
APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM + APO TELE CONVERTER 2x EX DG

じめじめとした梅雨に入り、なかなかきれいな夕陽に出逢えないので、今回は在庫写真から二ヶ月前の4月12日撮影の夕陽をご紹介。

もはやこれをだるま夕陽と言うのかあやしいところですが、
この日は雲一つない天気で絶好の夕陽日和。
季節も春になり、だんだんと暖かくなってきた頃だったので、もうだるまは望めないかと思っていましたが、かすかに照らされた地平線と重なり、小さな足の付いただるま?になってくれました。

これまでに何度もだるま夕陽を撮影してきましたが、地平線の光と沈み行く夕陽が重なったときこそが最も感動するシーンであり、今までの失敗が報われた瞬間
でもあります。
これは何度見てもいいもので、これを見るとやはりまた何度も海へと足を運びたくなります。

今回もシンプルな夕陽だけの写真となってしまいましたが、前回の夕陽よりもはっきりと輪郭が出ていたのが印象的でした。
さすがに今の時期はだるまは望めないので、次回はまた寒くなった頃になると思いますが、今度こそは何かと絡ませた絵を撮ってみたいです。

福津市、福間海岸にて。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

新着記事をお届けします

Twitterで光の情景をフォローしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote