花火

花火

花火

花火

花火

花火

花火


花火

花火


花火

花火


花火


花火


花火


花火


花火


お盆の13日は今年も『関門海峡花火大会』撮影のため
、山口県下関市へ
撮影は去年と同じ場所から、関門橋とその真上に上がる下関の花火を狙いました。

例年、下関側は水中花火と尺玉、門司側は大玉連発が上がるこの大会ですが、今年も同じ構成で、両岸とも素晴らしい内容。
中でも特に目を引いたのは、写真一番上の花火。
次の花火がなかなか打ち上がらないなと思っていたら、いきなり上がり、低い位置で開いて一瞬で消えてしまいました。
この花火が上がる前にかなり怪しい"間"があったので何かあると察知し、打ち上げと同時にレリーズ開始。
花火が消えた後もそのままレリーズを押し続け、後露光して関門橋と夜景を写しこんでいます。

毎年雨が降ることが多いこの大会も近年からは天候に恵まれ、煙もかからずにきれいな花火を観覧できるようになりました。
来年はどんな花火が上がるのか、今から楽しみです。

山口県下関市、北九州市門司区にて。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

新着記事をお届けします

Twitterで光の情景をフォローしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック