棚田
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 1/50sec. F16 ISO100

棚田
EF70-200mm F4L IS USM + EXTENDER EF1.4×II 1/400sec. F16 ISO200

棚田
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 1/60sec. F16 ISO250

8日は天気が晴れだったこともあり、長崎県松浦市にある土谷(どや)棚田へ。
この棚田も佐賀の浜野浦の棚田と同じく夕陽の見える棚田として有名なところで、この時期は水を張った棚田に沈む夕陽を見ることができます。

場所は長崎と言っても佐賀(伊万里市)から橋を一つ渡ったところなので、浜野浦の棚田からは車で50分くらいで着きます。

この日は汗ばむくらいの陽気で、夕陽も見えるだろうと予想していたのですが、現地に着くと棚田も見えなくなるほどの濃い霧(海霧)に覆われており、辺り一面真っ白な状態。
ある意味幻想的でおもしろいかな?と思ったのですが、夕陽撮影には残念な結果となりました。

上の写真は一時的に霧が引いたときのものです。
この後夕陽が赤くなり、空が焼ける最高のシーンになるのですが、奥に漂っていた霧が再び押し寄せ、夕陽も棚田もあっという間に見えなくなってしまいました。
霧が引くのがもう少し遅ければよかったのですが、こればっかりはどうにもならず・・・。

棚田
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 1/250sec. F16 ISO100

棚田
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 1/60sec. F16 ISO100

黄砂が少なくなり期待していたのですが、まさか今度は霧が来るとは・・・。
夕陽撮影の難しさ、天気予測の難しさを改めて再認識した一日でした。

LEE 100x150mm角ハーフNDフィルター ソフトタイプ 0.6使用。

長崎県松浦市福島町にて。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

新着記事をお届けします

Twitterで光の情景をフォローしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote