花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 11sec. F8.0 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 235sec. F8.0 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 116sec. F10 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 92sec. F10 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 64sec. F10 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 54sec. F10 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 52sec. F8.0 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 23sec. F10 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 18sec. F8.0 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 61sec. F10 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 17sec. F8.0 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 19sec. F10 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 27sec. F8.0 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 62sec. F10 ISO100

花火
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM 41sec. F10 ISO100

13日の『第26回関門海峡花火大会、第23回関門海峡花火大会』が終わった後、広島へ移動し、翌14日の早朝から初めての撮影となる『2010宮島水中花火大会』へ。
宮島の花火と言えば花火写真の聖地。
玉数こそは少ないものの、嚴島神社の大鳥居と絡めた写真は日本で一番絵になるとも言われているそうで、その撮影ポイントは当日の午前0時から野宿覚悟で場所取りされるほどの激戦区。
今回は初参戦で無謀ながらも大鳥居と花火が絡むベストポジションを運よく確保でき、何とか無事に撮影することができました。

肝心の花火はため息が出るほどの美しさ・・・。
シルエットとなった大鳥居のバックで炸裂するメインの水中花火を初め、九州ではまず見れないような花火も上がり、大満足。
この花火を見た人がやみつきになるのも解るような気がしました。

早くからの場所取り、炎天下の中での長時間待機、帰りの船に乗るまでの大行列など、かなりハードな一日でしたが、やはり何事も実際に体験しなければ何も解らない、そういう意味でとてもいい経験になったと思います。

PRO1D プロND4(W)、PRO1D プロND8(W)使用。

広島県廿日市市にて。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

新着記事をお届けします

Twitterで光の情景をフォローしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote